遊園地攻略団体 「アミュサー」

攻略アトラクション・遊園地の裏技などを公開中

富士急ハイランド攻略★エヴァンゲリオン×富士飛行社の素晴らしさ!?

 

f:id:Tokyo-amuse:20201106102152p:plain

今回は珍しく攻略ゲームではないのですが、ぜひ富士急ハイランドに足を運んだ方へ期間限定のアトラクションの攻略要素として公開いたします。

 

まずは、一言。

 

「本当に、おもしろかった!!」

f:id:Tokyo-amuse:20201001235416p:plain

もともと富士飛行社というアトラクション内で行われているアトラクション。

「エヴァンゲリオン・ザ・フライト」

f:id:Tokyo-amuse:20201106103107p:plain

 実は7月18日から登場していたのですが、11月の今になって初めて乗りました。

非常に面白かったのと、意外と知られていない事実を紹介いたします。


 

 

1.ストーリーの良さとは...!?

f:id:Tokyo-amuse:20201106103453j:plain

今回の旅の目的は「富士山を見ることではない」のです。

それは富士飛行社を体験した方の意見であり、もしこのアトラクションを初めて体験する方は、何も感じないことでしょう。USJにありそうなアトラクションです。

 

設定上は「富士五湖上空を遊覧飛行」という内容ですが、使徒の襲来で遊覧飛行といった平和な内容ではありません。

 

※むしろ飛び立った後の逆さ富士を見ている8秒間くらいしか平和ではありません。(笑)

 

 

つまり通常営業でいままでやってきた「富士飛行社」と今回の「エヴァコラボ」は、全くの別物なのです。

f:id:Tokyo-amuse:20200423222348p:plain

 

それくらい、内容と機体の動きが違います。

富士山は登場しますが、仮想の場所が登場して使徒との大戦争を巻き起こします。

 

その作りこまれた設定がとても面白いのです。

 

・ディズニーシーのソアリン

・富士急ハイランドの富士飛行社 [通常バージョン]

 

この二つのイメージで乗車されると、びっくりしますよ!!

 

2.乗りたかったのに乗れなかった理由が...!?

f:id:Tokyo-amuse:20201106103520j:plain

まず、絶対に覚えてほしいポイントがあります。

実は、現在の富士急ハイランドでは短縮時間のアトラクションが存在します。

エヴァンゲリオンも実はその一つです。

 

例えば、サウンドお化け屋敷の無限廃坑も「15:00~18:00」だったり、

ナルトエリアのシューティングライドも「11:00~14:30」だったりと、

 

「は?」

f:id:Tokyo-amuse:20200425215400p:plain

と言ってしまうほどの短い営業時間のアトラクションが複数あります。

では、このアトラクションはというと...

 

f:id:Tokyo-amuse:20201106103542j:plain

「10:00~15:00」です。

 

比較的に長い時間やっているのですが、乗れない可能性がある注意点が複数あります。

 

・富士急ハイランドのオープンが9:00の場合。

まず9:00オープンだった場合は、このエヴァの開始まで1時間も存在します。

例えば、最初にフジヤマに乗った場合、次にこのアトラクションに向かうといった流れならば良いのですが、忘れてしまうことも考えられます。

 

・友人が絶叫マシンに乗りたい場合。

先ほどの続きですが、最初に絶叫マシンに乗った場合、流れで絶叫マシンに行きたくなるのが普通です。だんだんとお客さんも増えてくるので、朝オープンで入園した際の並び列少ないうちに絶叫マシンは乗りたいですよね。

なので午前は絶叫マシンで、午後にエヴァンゲリオンに向かおうと計画するグループが多いです。その考えこそが、稀に乗車できなかったといわれる原因にもつながるのですけど...。

 

・富士急ハイランドが混雑している場合。

これが一番注意です。15:30時から富士飛行社(ノーマルバージョン)に切り替わります。

15:00をエヴァンゲリオンの体験最終回で考慮されています。

※つまり並び列によって、60分待ちだった場合は14時頃までに並ばないと、エヴァンゲリオンを見ることができません!!!!

混雑状況によるのです。もし少しでも空いていれば14時過ぎに行っても問題ないのですが、混んでいると14時手前までには向かわないといけない場合があります。ゆっくりお昼食べていたら、体験できなかったという意見もあるので、ご注意ください。

 

3.面白さのポイントとは...!?

f:id:Tokyo-amuse:20201106103710j:plain

通常の富士飛行社は、40名一気に入れるのですが、現在はグループごとに一席あけて案内されます。

平均的に30人前後ほどの案内です。

f:id:Tokyo-amuse:20200706192953p:plain

案内された際に前半に案内されるのが二階席で、後半が一階席になります。

指定された場所の色が白色なら二階で赤色なら一階です。

 

このエヴァンゲリオンは、どこからでも楽しめる映像と内容になっています。

しいて言うならば、「映像の迫力は一階」「サウンドの鮮明さ二階」です。

 

このアトラクションの面白いところは、水しぶきの利用です。

もともと富士飛行社には水しぶきの仕掛けがあるのですが、そのままエヴァンゲリオンでも数回使用されています。

 

Q.では、その水しぶきが発動する内容はどんな内容だと思いますか??

 

これを考えながらぜひ、楽しみに乗っていただきたいです。

富士飛行社では雨が降るシーンだったり、霧の中に突入する際に水しぶきが発動します。もうその仕掛けのタイミングと場所に感動しました...。

 

「そこで使ってきたかぁぁぁ!!!」

f:id:Tokyo-amuse:20200329184528p:plain

と言ってしまうこと間違いないです。

 

ぜひ期間限定なので、お早めに!!!

 

そしてお楽しみに!!!


 

↓富士急ハイランドの注意事項最新版です!!

イベントに興味なくても読んでおくことをオススメいたします!!!

www.asobi-amuse.com